【暗い家】(鬼頭えん・カゲキヤコミック)エロ漫画、zip  無料立ち読み、あらすじ、ダウンロード、ネタバレ

【暗い家】(鬼頭えん・カゲキヤコミック)エロ漫画、ネタバレ、無料立ち読み。恋するJKがゴミ屋敷で処女喪失!

暗い家 4話ネタバレ

暗い家【かなこの次にヤられるJKは…】 第4話ネタバレ(鬼頭えん・カゲキヤコミック)

更新日:

 

 

暗い家 4話ネタバレ

 

 

エロ漫画「暗い家」はコミなびで、登録してなくても無料立ち読みできます。

 

 

恋に焦がれ青春真っただ中のJKは、憧れの先輩の家を尋ねてみたけど…そこには別の中年男が居て!

ちょい鬼畜なエッチな内容、ムリヤリ好きにはたまらないエロ漫画です。

 

 

4話『暗い家(4)』のネタバレと感想・無料試し読みについて書いていきます。

 

 

【暗い家】画像クリックで無料試し読みできます。
▼ 画像クリックでコミなびに飛びます ▼

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

⇒『暗い家』でヌく

 

 

 

暗い家 4話ネタバレ

 

 

 

大好きな先生のために行った家には

 

 

 

不気味なオジサンが住んでいました。

 

 

 

 

「好きです、付き合ってください!」

 

意を決して、学校で告白してきた男子に、

 

 

「悪いけどガキに好かれても迷惑」

 

 

と、言い放った市ヶ谷貴子は、学校カウンセラーの内藤先生に好意を寄せていました。

 

 

 

ホワイトデー、期待してもいいですよねと言う貴子の話題を逸らすように内藤先生が口にしたのは、貴子の同級生である高橋かなこの存在。

 

 

気になる程度だけど、様子がおかしいからどことなく問いかけてくれと言う先生の頼み。

 

 

無下には出来ず、家まで押しかけて様子を見ようと学校帰りにかなこを尾行します。

 

 

しかし、いつまでたってもかなこの家には付かず、彼女がようやく立ち止まった先は外見が綺麗と言いようもない、ボロ屋でした。

 

 

良かったら、トイレを貸して。

 

 

と、家に上がる口実を作ろうとする貴子に、緊迫した表情で

 

 

 

だめ、帰って!!

 

 

と、叫ぶかなこ。

 

 

 

しかし、すでに遅く。そのボロ屋の主に貴子の姿を見られてしまうのです。

 

 

 

【暗い家】画像クリックで無料試し読みできます。
▼ 画像クリックでコミなびに飛びます ▼

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

⇒『暗い家』でヌく

 

 

家のボロさと、家の中の汚さに驚く貴子は、不信感を抱きながらトイレを借りますが、

 

 

まさかの和式トイレ。

 

 

仕方なく、しゃがみ込み用を足して、何なのこの家…と、かなこを探していると

 

 

居間でテレビを見ている男の姿を発見します。

 

 

そして、そのテレビに違和感を感じる貴子。

 

 

 

そう、そのテレビからは先程、貴子がトイレで発していた独り言がスピーカーから流れ

 

 

 

 

自分のマ〇コが画面いっぱいに映し出されていて…!

 

 

【暗い家】画像クリックで無料試し読みできます。
▼ 画像クリックでコミなびに飛びます ▼

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

⇒『暗い家』でヌく

 

暗い家 4話感想

 

 

 

次のターゲットが男の毒牙にかかってしまいました。

 

 

相変わらず、凄く綺麗な絵で、貴子も最初少女漫画の上から目線な、お嬢様と言う印象でしたが

 

その気の強さから、あの男に処女を奪われてしまうのです。

 

 

想い人がいる中で、あんな汚い男に処女を奪われてしまう描写が、かなこのとは違う形で描かれていて

 

ヌきどころ満載です。

 

男に見つかってしまった貴子は後ろから羽交い絞めにされ、、、

 

かなこと同じ運命を辿るのでしょうか…?!

 

 

 

【暗い家】画像クリックで無料試し読みできます。
▼ 画像クリックでコミなびに飛びます ▼

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

⇒『暗い家』でヌく

 

 

-暗い家 4話ネタバレ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 【暗い家】(鬼頭えん・カゲキヤコミック)エロ漫画、ネタバレ、無料立ち読み。恋するJKがゴミ屋敷で処女喪失! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。